基本的なケア

10代の前半の年齢では、それほど肌のバリア機能が低下していることはないでしょう。しかし、全く肌のバリア機能が低下していないわけではありません。生活習慣を改めることもスキンケアの1つですが、他にもケアできる方法がいくつかあります。すでに思春期ニキビができてしまった場合には、市販されている薬を用いるのもよいですし、皮膚科を受診して薬を処方してもらうのもよいでしょう。

洗顔薬だけではなく、他の方法もあるのですが、基本的なことは生活習慣を改めることなのです。子供だけでは簡単にできませんので、親が子供のために生活習慣を考える必要があります。また、大人のようにスキンケア製品を使用する必要はありませんが、しっかりと洗顔を行う必要はあります。洗顔をする際には石鹸などを用いるのが一般的ですが、肌への刺激が強い物や、添加物が多い物などを使っていないでしょうか。ちなみに、ニキビケア通販“みんなの肌潤糖”では、砂糖と油を融合させた洗顔の販売を行っています。砂糖は肌への浸透力があるため、角質層へ浸透してくれるのでもっちりとした肌になります。こちらも参考にしてみてください。

いくら10代になったとは言っても、大人ほど肌のバリア機能が強いわけではありません。思春期ニキビも肌のバリア機能が失われてしまうことで発生するので、汚れがしっかりと取れるように、泡立ちのよい石鹸を選びましょう。洗い方もしっかりと親が指導することで、思春期ニキビの予防がしやすくなるでしょう。