生活習慣を改める

思春期ニキビを予防するためには、普段の生活習慣を改める必要があります。その中でも特に注意するべきことが運動と食事です。適度な運動を行い、栄養バランスの取れた食事をするように心掛けます。個人差はありますが、成長ホルモンが皮脂腺を刺激してしまうことで発生する思春期ニキビを防ぐことができます。大人ニキビも思春期ニキビも、原因となるのはアクネ菌なので、アクネ菌が繁殖しないような環境づくりが必要です。

食事人間も大きく分類すれば動物になるのですが、動物は名前の通りに動くことで正常な状態を維持できます。しかも運動をすることで新陳代謝が高まり、血行が促進されて活性酸素を遮断することができるのです。それによって肌の劣化も遅くなりますし、皮脂も詰まりにくくなることから、運動をする人としない人では、肌のバリア機能の状態に差が出てしまい、ニキビができる確率も変わります。

そして食事も重要な予防方法です。糖質や脂肪分の多い食事は控えめにして、ミネラルやビタミンの多い食事を中心に摂取しましょう。アミノ酸やタンパク質もしっかりと摂取することで、思春期ニキビの予防がしやすくなります。ただし、脂質や糖質も大切なエネルギー源なので、全く摂取しないというのはよくありません。あくまでバランスのよい食事を心がけましょう。