スキンケアで予防

ニキビには大きく分けると2種類あります。1つ目は10代の前半にできる思春期ニキビで、2つ目は思春期以外のときにできる一般的なニキビで、大人になってからできることが多いことから大人ニキビなどと呼ばれることもあります。基本的に思春期ニキビは、引っ掻いたり不潔にしたりしなければ問題ないのですが、スキンケアをすることで治りを早くすることもできますし、クレーターと呼ばれているニキビ跡をできにくくする可能性を高くすることもできるのです。

スキンケア思春期の頃は、男性は当然として、女性も化粧をしないのが一般的なので、化粧品を使ってスキンケアをする必要がない人が多いです。注意するべきことは食事と運動、洗顔と利用する薬でしょう。睡眠はまだ若いので、大半の人は良質な睡眠を取れるため、あまり気にする必要はありません。ただし、近年は小学生や中学生でも夜遅くまで起きている人が多いので、できれば早く寝るように心がけるべきでしょう。食事はやはり保護者が注意しなければいけません。

運動も近年の子供はあまり行わない傾向にあります。遊ぶ場所が減っていることや、親があまり外で遊ばせないことも多いですし、ずっと携帯型ゲームやテレビゲームをする子供も多いでしょう。洗顔も子供は適当に行うことが多いので、まずは親がしっかりやり方を説明する必要があります。もちろん思春期ニキビができる頃には、もう自分で考えて行動できる年齢なので、自分でスキンケアの方法を知る必要もあるでしょう。このようなときこそインターネットで情報収集をするべきです。