基本的なケア

10代の前半の年齢では、それほど肌のバリア機能が低下していることはないでしょう。しかし、全く肌のバリア機能が低下していないわけではありません。生活習慣を改めることもスキンケアの1つですが、他にもケアできる方法がいくつかあります。すでに思春期ニキビができてしまった場合には、市販されている薬を用いるのもよいですし、皮膚科を受診して薬を処方してもらうのもよいでしょう。

洗顔薬だけではなく、他の方法もあるのですが、基本的なことは生活習慣を改めることなのです。子供だけでは簡単にできませんので、親が子供のために生活習慣を考える必要があります。また、大人のようにスキンケア製品を使用する必要はありませんが、しっかりと洗顔を行う必要はあります。洗顔をする際には石鹸などを用いるのが一般的ですが、肌への刺激が強い物や、添加物が多い物などを使っていないでしょうか。ちなみに、ニキビケア通販“みんなの肌潤糖”では、砂糖と油を融合させた洗顔の販売を行っています。砂糖は肌への浸透力があるため、角質層へ浸透してくれるのでもっちりとした肌になります。こちらも参考にしてみてください。

いくら10代になったとは言っても、大人ほど肌のバリア機能が強いわけではありません。思春期ニキビも肌のバリア機能が失われてしまうことで発生するので、汚れがしっかりと取れるように、泡立ちのよい石鹸を選びましょう。洗い方もしっかりと親が指導することで、思春期ニキビの予防がしやすくなるでしょう。

生活習慣を改める

思春期ニキビを予防するためには、普段の生活習慣を改める必要があります。その中でも特に注意するべきことが運動と食事です。適度な運動を行い、栄養バランスの取れた食事をするように心掛けます。個人差はありますが、成長ホルモンが皮脂腺を刺激してしまうことで発生する思春期ニキビを防ぐことができます。大人ニキビも思春期ニキビも、原因となるのはアクネ菌なので、アクネ菌が繁殖しないような環境づくりが必要です。

食事人間も大きく分類すれば動物になるのですが、動物は名前の通りに動くことで正常な状態を維持できます。しかも運動をすることで新陳代謝が高まり、血行が促進されて活性酸素を遮断することができるのです。それによって肌の劣化も遅くなりますし、皮脂も詰まりにくくなることから、運動をする人としない人では、肌のバリア機能の状態に差が出てしまい、ニキビができる確率も変わります。

そして食事も重要な予防方法です。糖質や脂肪分の多い食事は控えめにして、ミネラルやビタミンの多い食事を中心に摂取しましょう。アミノ酸やタンパク質もしっかりと摂取することで、思春期ニキビの予防がしやすくなります。ただし、脂質や糖質も大切なエネルギー源なので、全く摂取しないというのはよくありません。あくまでバランスのよい食事を心がけましょう。

スキンケアで予防

ニキビには大きく分けると2種類あります。1つ目は10代の前半にできる思春期ニキビで、2つ目は思春期以外のときにできる一般的なニキビで、大人になってからできることが多いことから大人ニキビなどと呼ばれることもあります。基本的に思春期ニキビは、引っ掻いたり不潔にしたりしなければ問題ないのですが、スキンケアをすることで治りを早くすることもできますし、クレーターと呼ばれているニキビ跡をできにくくする可能性を高くすることもできるのです。

スキンケア思春期の頃は、男性は当然として、女性も化粧をしないのが一般的なので、化粧品を使ってスキンケアをする必要がない人が多いです。注意するべきことは食事と運動、洗顔と利用する薬でしょう。睡眠はまだ若いので、大半の人は良質な睡眠を取れるため、あまり気にする必要はありません。ただし、近年は小学生や中学生でも夜遅くまで起きている人が多いので、できれば早く寝るように心がけるべきでしょう。食事はやはり保護者が注意しなければいけません。

運動も近年の子供はあまり行わない傾向にあります。遊ぶ場所が減っていることや、親があまり外で遊ばせないことも多いですし、ずっと携帯型ゲームやテレビゲームをする子供も多いでしょう。洗顔も子供は適当に行うことが多いので、まずは親がしっかりやり方を説明する必要があります。もちろん思春期ニキビができる頃には、もう自分で考えて行動できる年齢なので、自分でスキンケアの方法を知る必要もあるでしょう。このようなときこそインターネットで情報収集をするべきです。